中国感染痁E報中国感染痁E報

北京駐在スタチEの随想

No.040 「コロナ禍で生まれる「新語」、E/h2>
2022年5朁E8日
特任教授 极E光汁E/div>

2か月もEロチEダウンが続く上海では人、EEストレスもかなり高まってぁEようだが、そんな中、ある記事が目に留まった。「新型コロナ感染老E汚名を着せてはならなぁEとぁEもEだ、E/p>

記事によると近頁E特にネット上などで、新型コロナウイルス感染老E対して「小陽人」や「羊」とぁE呼び方がされてぁEそうだ。「小陽人」E「陽人EEang renE」E陽性老EぁEことだが、外国人を指す「洋人EEang renE」も同じ発音だ。一説によると、アメリカ留学中に感染した学生が自嘲して自らを「小陽人」と呼んだのが始まりだとも言われてぁE。中国では、子どもや小鳥など本当に小さなもE以外に「小!EiaoE」を使ぁE合、良ぁE味をもたなぁEたとえE「小人EしめEじん xiao renE」E「君子」や「大人EたぁEん)」と対をなす言葉であり、「小人間屁E閑屁Eして不善をなす」とぁEように、つまらなぁE、品性の卑しぁEを指す。日本に対して反感を持つ中国人が「小日本」と呼ぶこともある。では「羊」につぁEはどぁE。中国語で陽性の「陽」と「羊」Eともに「yang」とぁE発音なので、E性老E「羊」と呼び始めたらしい。年老いた感染老E「老羊」、女性の感染老E「母羊」、子どもE感染老E「子羊」、感染老EE出た家を「羊家」などと呼んだりするそぁE、E/p>

こEほかにも、新型コロナにまつわるさまざまな新語がある。例えば白ぁE護服に身を包んだ医療従事老EボランチEアを、人、EE親しみを込めて「大白EEa baiE」と呼ぶEここでは「大EEaE」が使われる)。ところが一部地域では感染防止に専忁Eるあまり、E離対象地域Eに住E重病人を域冁E引き留めて痁Eへ行かせなかったり、命令に従わなぁE民を殴ったりなど、人間性が問われる事件も起きてぁE。このような場合、E護服を着た人、E「白衛EEEai wei bingE」と揶揁Eることもある。これE1966年から1976年にかけて斁E大革命の時期、E激な運動に走り、武力闘争や破壊活動を繰り返した「紁EE」になぞらえたもEだ、E/p>

また、「弾窓!Ean chuangE人員」とぁE言葉も多用され、E式E会見や斁Eでも使われるよぁEなった。「弾窓」とはパソコンめEマEトフォンに表示されるEチEEアチEE画面のことで、もし接触老E判断されると、中国の健康アプリには「ただちに屁E区の拁E老E連絡し、求められる防疫義務を履行すること」や「隔離義務を履行すること。防疫政策に違反した場合E法律的責任を追及される」などのポップアチEE画面が表示される。この表示の出た人を「弾窓人員」と呼んでぁE。中国において感染防止対策違反E非常に厳しく処罰される。「妨害伝染痁E治罪E伝染痁E防治療妨害罪E」を犯した老Eは3年以下E懲役が科せられ、影響の大きい場合E3-7年の懲役とされてぁE、E朁E5日にも上海で、工事現場の労働老E名に陽性が見つかったEに報告せず隠ぺぁEた責任老EこE罪に問われてぁE。防疫対策に違反した老EE「E罰されるべき」とぁE老E方もいまだ庁Eあって、上述のような警官やボランチEアによるめE過ぎた行為にもつながってぁE、E/p>

話は戻るが、E頭の記事で「小陽人」や「羊」などの呼称は患老E尊重せず、差別めE斥感情を助長するもEだと言ってぁE。最初E悪気EなぁEらかぁEユーモアだったとしても、次第に感染老Eおとしめることにつながり、人、EE間に忁E皁E障壁を作ることになる、E/p>

「E、EE安E、「彼ら」E危険とぁE老E方だ、E/p>

アメリカの作家スーザン・ソンタグは著書『病とぁE隠喩』E中で「病気が隠喩に頼る時は“未知な何か”がそこに潜んでぁE」、E喩を使ぁEEは痁E「恐怖忁Eかきたてる」からであると述べてぁE。古くE「らぁEハンセン痁E」から「癌」、「エイズ」まで、病気に隠喩皁E味をもたせたり、感染老E「汚名」を着せることによって、EらE不安やストレスのはけ口にしたり、罹患してぁEぁEとで優越感を覚えたり、とぁEことが行われてきた。しかし、これにより感染老E精神的に追ぁEまれ、病気を隠したまま治療を受けなぁEぁEことも起きる。特に感染痁EE場合E、E去の行動歴めE触歴を隠して、新たな感染を庁Eることにもつながるだろう、E/p>

個、Eの感染予防はもちろん依然として重要であるが、新型コロナウイルス感染はもEめE人の責任を追及される感染痁EはなくなってきてぁEと思う。感染E隠さず、Eやかに対処するべきである。感染老E対する忌避の感情をかき立てることに何ら得EなぁEE/p>

北京でも地区ごとの移動制限、行動制限が始まり、住民E不安が徐、E高まってぁE。患老E揶揁Eる呼び名E中国に限らずあると思うが、特に中国は同音異議語で「言葉あそE」をすることが多いように思う。センスがあるなと感忁EることもしばしEであるが、新たなストレスの中で好ましくなぁE新語」E増えなぁE欲しいと願ってぁE、E/p>

EEa href="../">ホEムEEa href="../aboutus/">拠点の紹仁E/a>EEa href="../ibpcas/">生物物琁E究所EEa href="../imcas/">微生物研究所EEa href="../hvri/">ハルビン獣医研究所EEa href="../sitemap.html">サイトEチEEEE/div>