中国感染症情報中国感染症情報

全国法定伝染病統計(各月別情報・2018年)

2018年  2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年 

2018年 6月

日時:2018年7月17日

内容:2018年6月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201807/2e222f8000be4f61b9f4e717af7a25d3.shtml

2018年6月(2018年6月1日零時から6月30日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は890,852症例、死亡1,744人。甲類伝染病のうちコレラの発報告症1件、死亡例なし。ペストは発症例、死亡例ともに報告なし。乙類伝染病のうちSARS、ポリオ、鳥インフルエンザ(H7N9)人感染、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)人感染の発症、死亡例の報告はないが、その他22種類の伝染病で合計309,880症例、死亡1,731人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、赤痢で、乙類伝染病の91%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例報告はないが、その他10種類の伝染病で580,971症例、死亡13人が報告されている。症例の多い上位3位は手足口病、「その他感染性下痢」、流行性耳下腺炎で、丙類伝染病の96%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2018年 5月

日時:2018年6月14日

内容:2018年5月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201806/8e37d0ab57fb43fb8300ac51e44ee7be.shtml

2018年5月(2018年5月1日零時から5月31日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は874,6008症例、死亡1,696人。甲類伝染病は発症例、死亡例の報告なし。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、鳥インフルエンザ(H7N9)人感染、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)人感染の発症、死亡例の報告はないが、その他21種類の伝染病で合計336,439症例、死亡1,691人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、猩紅熱で、乙類伝染病の92%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例報告はないが、その他10種類の伝染病で537,569症例、死亡5人が報告されている。症例の多い上位3位は手足口病、「その他感染性下痢」、流行性耳下腺炎で、丙類伝染病の95%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2018年 4月

日時:2018年5月17日

内容:2018年4月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201805/e3e32b477f3b46948af98bce6b89dc0a.shtml

2018年4月(2018年4月1日零時から4月30日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は563,697症例、死亡1,424人。甲類伝染病は発症例、死亡例の報告なし。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、鳥インフルエンザ(H7N9)人感染、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)人感染の発症、死亡例の報告はないが、その他21種類の伝染病で合計315,564症例、死亡1,415人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、猩紅熱で、乙類伝染病の94%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例報告はないが、その他10種類の伝染病で248,133症例、死亡9人が報告されている。症例の多い上位3位は手足口病、「その他感染性下痢」、流行性感冒で、丙類伝染病の89%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2018年 3月

日時:2018年4月23日

内容:2018年3月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201804/f63ce7bfb1994b45a2ce3f1a4f706e6a.shtml

2018年3月(2018年3月1日零時から3月31日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は566,716症例、死亡1,720人。甲類伝染病は発症例、死亡例の報告なし。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、鳥インフルエンザ(H7N9)人感染、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)人感染の発症、死亡例の報告はないが、その他21種類の伝染病で合計344,124症例、死亡1,705人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、細菌性・アメーバ性赤痢で、乙類伝染病の95%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例報告はないが、その他10種類の伝染病で222,592症例、死亡15人が報告されている。症例の多い上位3位は「その他感染性下痢」、流行性感冒、手足口病で、丙類伝染病の92%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2018年 2月

日時:2018年3月20日

内容:2018年2月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201803/e07e57169d544fd09337b569738aa594.shtml

2018年2月(2018年2月1日零時から2月28日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は520,152症例、死亡1,037人。甲類伝染病は発症例、死亡例の報告なし。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)人感染の発症、死亡例の報告はないが、その他22種類の伝染病で合計236,282症例、死亡982人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、赤痢で、乙類伝染病の96%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例報告はないが、その他10種類の伝染病で283,870症例、死亡55人が報告されている。症例の多い上位3位は流行性感冒、「その他感染性下痢」、手足口病で、丙類伝染病の95%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2018年 1月

日時:2018年2月12日

内容:2018年1月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生・計画出産委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201802/4a469b9e02a642d08cc33e855fe134a5.shtml

2018年1月(2018年1月1日零時から1月31日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は827,781症例、死亡1,692人。甲類伝染病は発症例、死亡例の報告なし。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)人感染の発症、死亡例の報告はないが、その他22種類の伝染病で合計308,475症例、死亡1,628人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、猩紅熱で、乙類伝染病の96%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例報告はないが、その他10種類の伝染病で519,306症例、死亡64人が報告されている。症例の多い上位3位は流行性感冒、「その他感染性下痢」、手足口病で、丙類伝染病の95%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

全国法定伝染病統計(各月別情報)